2014年01月

2014年01月26日 08:05

《女を殺したのは茂呂先輩。その様子を見てゐた浮浪者に茂呂先輩は刺された。瀕死の茂呂先輩は帰宅後死んだ》

浅利陽介は、女装姿が結構可愛かつた。前回の上半身裸といひ素敵だ(笑)。

茂呂先輩の流平に対する恋心に気附いたのが朱美丈だつた、といふのが中々好かつた。崖に集つた5人中腐女子属性があるのは朱美丈のやうな気もするが。


2014年01月25日 23:28

少年漫画のやうな内容だつた。つまらなくはなかつた。少なくとも『家族の裏事情』初回よりは面白かつた。

其にしても小野ゆり子は一体何が良くて主演に選ばれたのか。


演出と尾美としのりの演技とは好かつた。犯行現場での犯人と被害者との遣取が恥しかつた。作中で久々に「右京さん」呼びがあつた。


2014年01月23日 17:23

つまんなくて10数分で見るのを止めた。


2014年01月21日 19:43

妻子持ちと未亡人とが居る。二人は夫々が結婚する前から好合つてゐた。けれど、性交はしてゐない。この度、晴れて性交をした。しかし、男は
「なんかあつさりだなあ(女房の方がこつてりで好きだ)」
と思ひ、女は
「死んだ旦那が忘れられない」
と思つた。其で、二人は別れた。
――といつた事(要するに一発やつたら覚めたといふ事)をカレーを使つたアレゴリで描いた、といふ解釈でいいのかな?


2014年01月18日 23:11

面白かつた。意外ね

浅利陽介の上半身裸があつた。素敵

福田雄一脚本だからつまらない小ネタで退屈すると思つたらそんな事はなかつた。

女を殺したのは茂呂先輩だつた。その時返討にあつてナイフで刺された。朱美の推理通り(笑)「大したことないな」と放置してゐたら死んで了つた。
――なんてこと流石にないだらう。幾らなんでも。では、誰が何故どうやつて殺したのか。



《×女寡(をんなやもめ)。○寡》

面白かつた。

前回部屋の壁の写真を見つけた刑事はRIKIYAだつた。今回は被疑者を逮捕連行する刑事逹の一人だつた。

「電器店の親父が犯人だと思ひきや犯人の身代りだつた」
といふのが中々意外だつた。

女の子が手術を受けられるやうになつて好かつた。

結構ありがちな人情物なのに一寸泣いて了つた。安い(笑)。


2014年01月17日 01:27

面白かつた。

春海四方が怪しげに登場したから、
「こいつが犯人かな?」
と思つたら、まんまその通りだつた。先日の『隠蔽捜査』でも犯人だつたつけ。

田中健刑事部長退場後、新キャラが3人投入された。


面白かつた。

人死にシーンが素敵に一寸エグかつた。

家老が自ら現場に赴いたりしないだらうと思ふんだけど、その辺はどうなんだ? 腕に覚えがあつて、自分でやらないと気が済まない質だつたのかな(笑)。

不相変高嶋政宏の演技がくどい。『緊急取調室』の天海祐希程ぢやないけど、浮いてる。まあ、いいけど。


最後に一捻りあつて面白かつた。


2014年01月16日 12:38

面白かつた。

柳葉敏郎の文末を伸ばす台詞回しが気になつた。どうも好きになれない。

通夜での三兄弟、田口らの遣取に涙にして了つた。我乍安い


――此を見た事があるのは被害者と犯人丈です。よつて此を見た事があるのと言ふ貴方が犯人です。
――見た事があると言ふのは勘違でした。
――……。

色々突込所があつたけれど、其なりに面白かつた。主人公は永作博美の方が好かつたやうに思ふけれど、檀れいは檀れいで又好い。優秀な主人公が周から邪険にされるのは(お約束なのだらうが)協調性がないからかな。


面白かつた。

杉本哲太が素敵。『ロズギル』コンビ古田新太生瀬勝久の共演をテレビドラマで見るのは初めてだ。

最終回までこの水準を保つてほしいけれど、どうだらうか。


アバンタイトルがちんたらちんたらしてゐて、タイトルとCMがやつと終つて、愈本編かと思つたら、数箇月時間が遡つたので、見る気がなくなつた。後は放送が終つてから早送りにして、最後の方だけ一寸見た。
「NPSは人質も犯人も死なせない」
などといふことを言つてゐるみたいだけど、そんなのは、SATを含めた日本の警察全てがさうだと思ふ。SAT等が犯人を狙撃するのは飽くまで正当防衛の範囲でだ。まるでNPSだけが人命を尊重してゐるみたいな言い分が解せない。まあ、あの犯人逹はさつさと撃ち殺されればいいのにとは思つたけれど。
「犯人を狙撃していれば人質はもっと早く救出された」
といふ言ひ分は、全くその通りで、主人公は、反論できなかつたし、被害者の子供と一緒に泣いて、謝ればいいといふものでもないだらう。

パンチで壁をぶち抜いたのは馬鹿馬鹿しくて一寸微笑ましかつた。


2014年01月13日 19:46

意外にも(笑)其なりに面白かつた。軽く見られていいのでは。
忽那汐里の殺陣は残念な感じ。高嶋政宏の岡つ引きは三枚目風なところが一寸態とらしくて今一つ不自然だつたけれど、その内慣れるだらう。


2014年01月12日 00:25

つまらなくはなかつた。しかし、惹付けるものもない。「最後に殺人が起る」といふ予備知識があるから見てゐられた。


2014年01月11日 22:40

つまらなかつた。辛気臭かつた。空手の場面だけ一寸好かつた。


「好きで好きで堪らない」のは医者の仕事だといふ落ちか知らん? 加藤あい女医が悠太郎が好きなのは間違無いのだらうけど。

ここ暫く面白いことは面白いけれど、感想を書きたくなるやうな内容ではない。平和だ。


ざあつと見た。プロレスが好きぢや無いので、きちんと見る気がしない。プロレスの話でなくてもきちんと見る気がしないかも知れないが。


映画『交渉人』(サミュエル・L・ジャクスン、ケビン・スペイシーほか出演)で「交渉人がしてはならないこと」と言はれてゐたことを主人公がバンバンやつてゐたやうに思ふ。――とは言へ、爆弾が発見されるまではそれなりに面白かつた。「これからが本番」で「犯人を丸裸にした」結果に視聴者の想定を越えるものが何一つ無かつた。『遺留捜査』で最後の“三分間”で明かされる事柄に全く驚きが無かつたのと似てゐる。出演者は豪華だつたけれど、中身が全然伴つてゐなかつた『ダブルス』の二の舞にならないやうに祈る。期待はしていないが。

脇役のおじさん達が一寸素敵だ。主人公以外殆ど女つ気が無いのもいい。犯人の部屋で壁の写真を見つけた刑事役の人が中々可愛かつた。


2014年01月09日 00:18

最後に右京が犯人にネチネチ言ふのが何だか久しぶりだつたやうな気がする。三つの事件の関連がご都合主義的だつたり他にも突込所があつたりしたけど、まあ、面白かつた。でも、もうネタギレのやうな感じがする。


2014年01月08日 13:44

結構面白かったけど、モチーフが終末期医療だから、話が辛気臭くなりさうだ。趙[王民]和を福士誠治だと勘違して了つた。西島秀俊、カツコ好かつた。ゲストキャラなのだらうか。伊藤淳史が可愛い。仲村トオルも良かつた。田口と白鳥の掛合が面白かつた。


2014年01月04日 17:12

面白かつた。不相変芹沢豪が素敵だ。佐藤浩市と宇梶剛士とがソファーに並んで掛けてゐるのが可愛かつた。


2014年01月02日 20:57

――知る権利を振翳すジャーナリスト達は皆大衆を煽り国益を損ふといふ犯罪を犯してゐるのだ!
――特定秘密保護法に反対する左派マスコミのことですね。解ります(笑)。

政治家や警察が悪でジャーナリズムが正義の味方であるといふ、チープであざとい構図が不相変テレビ朝日らしかつた。『相棒』でジャーナリストが犯人だつた例はあつたけど、ジャーナリズムそのものが悪であるかの様な描かれ方がされたことはあつたつけ?

まあ、上記の様な、左派マスコミのプロパガンダの様な部分を気にしなければ、何だか雑なところがあつたけど、其なりに面白かつたんぢやないかなあ。多分(笑)。


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事