2014年02月

2014年02月28日 12:36

最後の場面で福家を庇はうとする二岡君がいぢらしかつた。

ブチ切れ石松、稲垣吾郎の見せ場にはなつてゐたかもしれない。が、抑主人公が他の刑事と対立するといふのが(事件と大きく関はるといふのなら別だが)倒叙物では無意味で無駄だ。

古谷一行の演技が大仰な感じで今一だつた。

話はつまらなくはないし、檀れいと稲垣吾郎は好きだけど、不相変福家と石松に魅力がない。何かなあ。


2014年02月24日 21:23

前回今回と何か今一だつた。事件より主人公の色恋がメインであるかのやうな内容だつた。鈴木砂羽の“できた奥さん”ぶりは好かつた。


戦争で苦労する話抔辛気臭くて敵はない。戦争が終る迄見ない。て、戦後も暫くは話が続くんだらうか。


2014年02月22日 23:52

《人生がゲームなんぢやない。ゲームが人生なのだ》

ツマンネ。陳腐。ネタがバレバレ。また泣落し。其も偉く仰々しい演技で。見てゐて恥しかつた。満島真之介の目付きは好かつた。

毎回毎回泣落し許。知的でスリリングな遣取を期待してゐたのに。テレ朝ぢやあ無理なのかな。


この時代なら男は「美味しい」でなく「旨い」と言ふものでは? 活男、涙目になると目元が往年の少女漫画のやうだ。


何だかなあ。段々飽きてきた。


つまんなかつた。ダラダラとしてゐて退屈だつた。


轢逃タクシー


広報婦警と不良新聞記者が退場した。早い。


2014年02月20日 21:12

2014/02/10(月)
竹元も悠太郎も源太もみんな可愛い(笑)。ステテコの下に何を穿いてるのか気になつた。ゴンボウとか鉄筋とかシナモンスティックとか微笑ましかつた。
 
2014/02/11(火)
話が辛気臭くてつまんない。早く戦争が終ればいいのに。
 
このドラマは、め以子が何歳になるまでやるのかな。杏のばばあめ以子はまだしも東出昌大のぢぢい悠太郎は無理があるんぢやないのか?
 
2014/02/19(水)
ふ久の「ふ」は腐女子の「ふ」。
突然の押掛女房を受入れる諸岡家は度量が大きいのか(笑)?
 
2014/02/20(木)
かつを、睫毛が長い。
 



つまらなくはないけれど、話の進み方が遅いので、見てゐて一寸飽きてくる。


2014年02月19日 22:50

捻りがなくて今一だつた。「解剖したらばれる」といふ大したことないものを最後まで引張るとは。何かなあ。


若村麻由美が素晴らしかつた。

福家と石松が要らない。二岡君が探偵役ならいいのに。二岡君が事件を解決するんだけど、あくまでも犯人が主役で、二岡君は犯人の引立役の狂言回キャラであるといつた感じでお願ひします。

福家が他の刑事から邪険にされることにどういふ作劇上の良い効果があるのか解らない。コミカルに演出されてゐるのならまだしも、あんな無意味なシーンをシリアスに演出されても不毛なだけだ。単に刑事ドラマの定番設定だからやつてるのか? 其とも最終回まで見れば何か意味が解るのか? ほんとはコミカルに演出しなくちやならないのに頭の逝かれた演出家が他のスタッフの制止を振切つて暴走してるのか?

さういへば若村麻由美は『遺留捜査3』#1でも女優役が好かつたつけ。


2014年02月18日 21:04

何だかなあ。恐れてゐた事が現実になつたといふか。をぢさんが若い女にときめくほのぼのコメディを『隠蔽捜査』で見たい訳ぢやないんだけど。

後ケン・ハックマン米国国土安全保障省シークレットサービス特別捜査官(岡田浩暉)の言動が変。あれつて、一応シリアスなんだよね。別にギャグでやつてる訳ぢやないんだよね。せめて単独行動でなくて部下を引連れてきて日本側の捜査官を威圧するなんて事位はした方が好かつたのに。何だかなあ。


2014年02月15日 21:35

餓鬼膣売春の話なんて興味ないから今回はつまんなかつた。

でもリーダー格の女子中学生が最後に同級生に報復されるのは痛快だつた。有りがちなパターンだとリーダー格の女子中学生が泣いて謝つて同級生が(心ならずも)赦すなんて風になるのに、容赦なくて素敵だつた。

冒頭のお年寄り同士のストーカー事件の話は面白かつた。

「フードマンが二箇所に出た」
と言はれてたけど、カナコを襲つた客三人組も捕つたといふことなんだらうか。売らせる奴だけでなく買ふ奴も罰せられないと駄目だよね。


三浦涼介の「アイスキャンディー」と白石隼也の「ドーナッツ」「最後の希望」に一寸笑つたよ。「御意」は『ドクターX』でミステリ類ぢやないけどテレビ朝日ドラマ繋りか知らん。今時何だけど「他人事」の読みは(「タニンごと」でなく)「ひとごと」だ。

不細工な目撃者(♂)が一寸可愛いと思つてしまつた(笑)。女の目撃者の方は普通にブスだと思つたけど。


2014年02月14日 04:18

被害者のイケメン詐欺師役は竹財輝之助だつたんだね。この役とか『天誅』の若手イケメン刑事とかコミカルでないシリアスなイケメン役を演じてる竹財輝之助を見るのは個人的に一寸新鮮だ。

第3話の時も思つたんだけど、最後にもう一捻りあるといいのに。一寸温めなのがこのドラマの作風なのかな。


泉谷しげる秘書が死んだと思つてゐたら生きてゐた。良かつた。


面白かつた。

謎解きの場面でマリコが涙ぐんでゐたやうなんだけど、マリコつて、涙脆いたちだつけ?


2014年02月12日 22:49

中山仁が爺の癖にイケメン過ぎる。加へて演技も感動的だつたし。話はつまんなかつたけど、中山仁(の演技)に免じてよしとする。


2014年2月6日(木)
粗筋で「検閲で室井の作品が出版できなくなつたことを桜子が怒る」とあつたので、「何で検閲に引掛るやうな作品なんて書いたのよ!」といつたやうに怒るのだと思つたら、検閲に対して怒つてゐた。まあ、さうだよね。

2014年2月7日(金)
トラウマのせいで生き物が食へなくなつて了つた源ちやんが可哀相。
帰宅して玄関に入つたら妻と妻の“永遠の恋敵”とが台所で話をしてゐたので、その儘外に出てそつと戸を閉ぢた悠太郎に笑つた。

2014年2月8日(土)
亜貴子(加藤あい)の夫自慢のおのろけが愉快だつた。


面白かつた。

週末期患者の話から殺人事件(?)の話に重点が移つてきた。車椅子の人物の正体は? 渡部豪太放射線技師戸山の死の真相は?

神保悟志患者があつさり死んだ。神保悟志なのに(笑)。さて、ホントに病死なんだらうか。

話は面白かつた。今までで一番良いのでは? 二岡の「顔の割にネタが面白くない」に凄く納得した(笑)。板尾創路犯人と檀れい福家の即席漫才が微笑ましかつた。

でも、不相変福家と稲垣吾郎石松に魅力がない。福家は、最後の場面で感情を高ぶらせて犯人を糾弾するのが理解しがたいのを通り越して一寸不愉快だつた。石松は、福家に嫌みを言ふだけの存在で、作劇上不要だ。

「漫才師なんだから“相棒”ではなく“相方”だらう」
と思つたけど、当人が相方を相棒と呼んでるから「相棒」なんだらうね。

石松が福家に
「(漫才でも見て)無愛想な喋り方を直せ」
といつたことを言つてたけど、これは、視聴者から
「お前が言ふな!」
と突つ込んで貰ふためのギャグだつたのかしらん。もしかして、石松の嫌みは、作り手としてはギャグのつもりなのかしらん。よく解らない。


2014年02月10日 22:02

面白かつた。

白い魔法使だつた首席監察官が実は敵ではなかつた。痛快娯楽刑事ドラマだねえ。


面白かつた。


面白かつた。


2014年02月09日 22:58








2014年02月08日 01:13

カリス対ウィザード


エンターの中の人が犯人役で出てゐた。


2014年02月07日 15:58

マリコ「解つた! 相馬君ね」
土門芝早月亜美相馬「違あーふ!!」
所長宇佐見木島「┐(  ̄ー ̄)┌ 」

面白かつた。

佐藤康恵広報係は情報公開に拘る剰り暴走して了ふのか? 一寸心配。

2016/6/16[Thu]
土門に「私の近くにも周りを振り回す人が居る。その人に振り回してゐる自覚はない」と言はれたマリコが自分を棚に挙げて芝早月亜美の名前を挙げるのが微笑ましい。


2014年02月06日 23:27

森永悠希が可愛かつた。


面白かつた。


面白かつた。





面白かつた。

然り気無く近藤公園が登場したから彼が犯人かなと思つたらマンマ犯人だつた。取調室で三方向から責められて一寸気の毒だつた(笑)。


面白かつた。



折角の山口翔悟顔を整形して別の顔にするなんて勿体無い。まあ、整形後が笠原秀幸顔だからこれはこれで悪くないけど。

それにしても、外道で酷い犯人だつた。はぐれ死の被害者も可哀想だつたけど、絞め殺された方の被害者が物凄く可哀想だつた。只の鍵扱だものね。

母親のために整形する息子といふのが何とも切ない。ただ、母親は息子の顔がDV夫に似てるから怯えた訳ぢやないやうな気がしたけど。


2014年02月05日 19:01

2014/02/01(土)
西門家に文句を言いに来た夫婦の旦那が中々可愛かつた。

2014/02/03(月)
ふ久は諸岡先輩のことがすきなのか。諸岡先輩も満更でも無いやうだ。バッテリーの会話を読心術で読み取ってる場面はまるで腐女子だつた(笑)。

どうでもいいけど、長男は、山田太郎とかのキャッチャーのイメージからするとスレンダーすぎる気がする。

2014/02/04(火)
悠太郎の妙なハイテンションぶりに呆気にとられた。いよいよ悠太郎の頭が本格的にをかしくなつたのかと思つた。でも、ここ以外はいつも通りの出来映えだつたから、微笑ましく見た(笑)。

悠太郎は、40歳くらいだよね。仕方ないんだけど、もう一寸年相応に見えるやうにメイクをどうにかしてほしい。め以子は年相応に見えなくもない。

2014年02月05日(水)
ふ久は諸岡君が好きだといふのとは一寸違ふのかしらん。

源太が復員した。痩せたのか(笑)。

泰介と諸岡先輩の乳首がタンクトップ越しに透けてたり形が浮き出てたりしてたやうに見えたけど、気のせいだつたか知らん。


子供の犯行だと見せかけて妻の犯行だつた、と思はせておいて母の犯行だつたと思つたら、そんなことはなかつたぜ! まあ、さうだよね。あの嫁が姑を庇う理由がないもん。

安達祐実の演技が素晴らしかつた。神尾佑の色々な状況での殺され様が面白かつた。


何かあつさりだつた。坂上栄太郎警察庁刑事局捜査第一課課長(矢島健一)は上條貴仁警察庁長官官房総括審議官(生瀬勝久)に陥れられたのね。次回から上條はどういふ風に物語に関はつてくるんだらうか。


玉木宏探偵鵜飼:犯行手段の解明と犯人の特定。犯人の“告白”を聞かない派。
剛力彩芽大家朱美:動機の解説。

かういつた分担で今後も行くんだらうか。謎解を全部鵜飼がやつて了ふと、玉木宏許が目立つて了ひ、肝心の(一応、主演で、クレジットトップの)剛力彩芽が目立たなくなつて了ふのはまづいといふ制作上の配慮からかうなつてるんだらうか(笑)。

イカ様とサカ様が反対に取違へられてゐたといふのは無理があるけど、まあ、いいか。不取敢『都市伝説の女2』よりは面白いかなあ。


不相変石松の登場場面が無駄だ。稲垣吾郎は客寄せパンダでしかない。柄本時生の出番を減らすよりも稲垣吾郎の出番を減らした方が良いだらう(吾郎ちやん好きとしては残念だが)。

又福家と石松とが魅力に乏しいのも不相変だ。特に、福家は、コロンボや古畑任三郎、トトリと比べると面白味も可愛げも無い。

檀れいも稲垣吾郎も好きだからこのドラマに期待してゐたのだけれど、二人ともつまらないキャラを演じる事になつて了つて残念だ。

女が男社会で苦労する抔といふ話は辛気臭い上に安つぽい。片平なぎさの演技が何か恥ずかしい。檀れいの演技が片平なぎさの演技と噛合つてない。

――とは言へ、片平なぎさのお陰で前回までより随分良い出来映えになつた。福家もいくらか魅力的だつた。いつもながら、本編と微妙に関連する故事逸話を紹介するオープニングと主人公の締めの台詞の直後にカットアウトしてエンドロールになるエンディングが良かつた。


2014年02月02日 00:04

不相変主要キャラ3人の内主人公とその上司に魅力が無い。もつとコミカルに演出した方が良いのでは? 今の儘では「他の刑事達(含稲垣吾郎上司)よりは刑事として優秀な主人公を上司が邪険にする」といふ不自然さ許が目立つて了ふ。いきなりブラックアウトする終りの場面丈シリアスにした方が効果的だらうし。

塗料サンプルの取違へが犯行の證拠になるといふのは中々好かつた。贋作でなく本物を凶器にするといふので『古畑任三郎』を連想した。


富田靖子の逆上演技は好かつた。


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事