2015年10月

2015年10月31日 15:14

川で顔を洗つてゐる惣兵衛のお尻をアップで視たかつた。


2015年10月30日 20:03

厭きてきたのか、この頃、面白くない。来週に期待する。


面白かつたけど、ビター・テイストで、余り爽快感も無かつた。清濁併せ呑む死神をマリコ達は、撃退できるのかしらん。


2015年10月29日 23:33

タルい。不相変、佐吉が辛気臭い。おふじは、きれいだけど、神経症的で怖い。


《怒りをコントロールするセラピーを受けませう》

馬鹿♀カウンセラーに苛々させられた。何でちやんと警察なり為頼なりに話をしないのか理解不能だ。

「暴走したら、止めてくれ」とは、そもそも、暴走しないやうにする気は無いのかしらん。まあ、そんなことをしたら、ドラマにならないから、しないのかな? 「当然すべきことを不自然にしないせいで事態が悪化する」といふのは、視てゐて白けるんだけどなあ。

早瀬が為頼の診療所で捜査に関することをべらべら喋るのも、よく解らなかつた。

気狂♀が馬鹿♀カウンセラーを病院内で殺さうとした場面で、周りに居た患者や病院スタッフら(多分、一般人エキストラ)が殆ど無反応だつた。随分酷い演出だと思つた。

『無痛』も、『デザイナーベイビー』と同様に、「キャラが、当然するであらうことをしないで、お馬鹿さん的に振る舞ふ」といふタイプのドラマなのかしらん。何だかメッキが剥がれてきたやうで、残念だ。


面白かつた。

突込所だらけだつたし、反町隆史は、相変らず、演技が下手糞だつたし、「意味有り気で、実は、無意味な[アップ/川覗き込み]」といつた変な演出があつたりしたけど(笑)。

「月本幸子にデレデレする冠城亘」の反町隆史の演技は、凄く自然で好かつた。『相棒』における反町隆史の最優秀演技になるのではないか。


2015年10月28日 15:28

二郎、咲、広告代理店の男女の四角関係になるのかと思つたら、広告代理店の男女と三子(とチュン)の三角(四角)関係に二郎と咲が巻き込まれるといふものだつた。


五代は、若い女に怒鳴られるの好き(笑)。

新次郎は、はつ達を探す為に外出してゐた。大方そんな事だらうとは思つてゐたけど、もう一寸あさに配慮すべきだつたのでは? 

栄達は、汚い格好で大八車を引いてゐても、品と知性とを感じさせる。


前回までは、演出と演技が悪くないから、それなりに視てゐられたけど、もうそろそろ限界かもね。警察は、頭が悪いだけでなく、柄も悪い。そもそも、近森新の容態が悪くなつたのは、近森優子が近森新を怪我をし易い所に連れてきたからだらう(近森優子にさういふ認識は無いだらうが)。脚本の都合でキャラは皆痴れ者ばかり。もしかして、愚行から人間の本質を描かうとしてゐるのか、このドラマは(笑)。

ところで、医者は、術衣を着てゐる時は素足にサンダルが普通なのか? 『無痛』の伊藤英明院長も、術衣の時は素足にサンダルだつたんだけど。


2015年10月27日 12:50

刃傷沙汰。「気狂いに刃物」とはちよつと違う。
巡る「辛気臭い」。
大八車を一番引き慣れてゐるのは、一番年寄りの栄達なんだらう。

ふゆは、この先どうなるのかしらん。若奥様付女中といふだけで、まだ若い身空で逃亡生活だなどとは。ふゆにとつて、はつは、疫病神かもしれない(笑)。

それにしても、嘆く妻を放置して出掛けてしまふ新次郎は、薄情だ。


《銀の戦車並の腰の細さ》

面白かつた。

ガンダムが登場しない回なのかと思つたけど、冒頭の回想シーンに出てゐた。流石に主役メカが全く登場しないといふのは拙いのか。

さう言へば、あの構図は、『マジレンジャー』でスフィンクスがダゴンに止めの一撃を繰り出した時のと同じだつた。それだけよくあるといふものなんだらうけど。

それにしても、前3話と比べて絵が雑だつた。


2015年10月26日 16:24

チュンは、二女なのに三子ちやんが好き。

今回登場した広告代理店の男女二人が前座で、この二人が落ち着いたら、キャプテンとめぐみが投入されて本格的に四角関係に発展するのかしらん。

広告代理店の男は、徳山秀典だつたのか。徳山秀典、『山田くんと7人の魔女』『婚活刑事』『別れたら好きな人』と視る度にイケメン度が下つていつてゐるやうな気がする。『カブト』『ゴーオンジャー』の時は格好良かつたのに。まあ、元々好みのタイプぢやないから、別にいいんだけど(笑)。

咲パパの容態が心配だ。


雁助は、女房に逃げられて、独り身。亀助は、未婚。だから、二人とも、住み込みなのかしらん。雁助は、一度所帯を持つたのなら、また住み込みに戻らないやうな気がするけど。

「元も子もない」とは、まさに両替商に相応しい表現だ。

はつは、貧乏臭い格好が似合つてゐた。流石、許婚から辛気臭いと評されるだけのことはある。

ふゆは、若奥様古井戸墜落時救出の際の功に免じて暇を出されずに済んだけど、夜逃げに巻き込まれる羽目になつた、といふことなのかしらん。たとひ、はつと別れようとも、今井の家に戻るなりしてゐた方が、夜逃げよりはましだつたやうな。


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事