2018年01月

2018年01月29日 13:41

飛し視。

高橋光臣、左太腿内側は毛の生えてない部分が割と多かつたけど(それでも、毛が生えてる部分が結構あつた。)、毛が生えてる部分はそれなりに毛深かつた。着物の裾からちよつとはみ出てた右大腿前面なんかは鉛筆で描いた斜線塗潰しのやうな毛深さだつた♪

久光(青木崇高)の頼りない小者振りが結構素敵だ。

💚💛💜

第2回以降まともには視聴してゐない。どうも暑苦しくて鬱陶しい。やはり、出演者が可愛いといふだけでは視る気がしない。当分は『5分でわかる「西郷どん」』を視てから本編を飛し視することになりさうだ。不取敢、高橋光臣が坊主頭でなくなるのを待たう。


2018年01月27日 02:57

面白かつた。

《土村芳お嬢様、山口翔悟お坊ちゃまをパンチ👊》

土村芳お嬢様は、『恋がヘタでも生きてます』の榎田千尋を強化したやうなキャラだつた。土村芳は、かういふキャラを嫌味無く演じられるのが素敵だ。

町田啓太、最後まで(当前だが)可愛かつた💠 演じてゐるキャラも好かつたし。後藤はいい奴だ。

ケンイチ(山口翔悟)のことを「でも、彼奴もさ、もうちよつと話せば解る奴な気がした」と後藤(町田啓太)は、言つてゐたけど、第3話でミキ兄弟の言合を聞いて「お兄さんとミキが仲直り出来て良かつた」と勘違したやうに、今回も勘違してゐるのかも知れない(笑)。


2018年01月26日 21:15

余り面白くなかつた。視てゐてタルい。

【無理心中】といふ言方を止めた方がいいと以前から思つてゐたので、凄く共感した。


面白かつた。

ここにも女装男登場。流行つてるんだね。

徹夜の復顔作業をも物ともしない呂太。と思つたら、その後、居眠りしてた(笑)。

背広姿のまま袖と裾を捲つて水の中を浚ふ蒲原刑事がちよつと素敵だつた。でも、作業着に着替へてやつた方がいいよね。

床板一枚隔てた下に屍体があつたら、腐臭で気が付きさうなもんなのに。床板の気密性が物凄く高かつたのかしらん(笑)。


2018年01月24日 02:37

録画機不具合で途中飛し視。面白くなかつた。

誘拐事件と殺人事件とが関連してゐたのは好かつたのだけれど。

大西武志を二階堂智だと勘違してしまつた。何処かで見たなあと思つたら川村陽介と浜田晃だつた。まだまだ修業が足りないな😁

余り活躍しないから、石丸謙二郎常務が犯人なんだらうなあと思つたら、案の定。

螢雪次朗社長が誘拐されて殺された気の毒な被害者だと思つたら、狂言誘拐で吃驚したよ。

トカゲの女3 警視庁特殊犯罪バイク班:水曜ミステリー9:テレビ東京

2018年01月23日 01:30

飛し視。面白くなかつた。

山田純大は普通に善い人役なのかと思つたら犯人役だつた。その代りと言つて何だけれど、山中聡が善い人役だつた。

河相我聞の長男(河相沙羅)は、親父より不細工で演技が下手だつた。河相我聞がしよぼくれた感じだつたのは長男に合はせてあげたのかしらん。親心だね(笑)。

勝村政信・中山忍もいいけれど、第1作目の西村和彦・平山あや・鈴之助も視たい。

このシリーズは、話はつまらないけれど、私の好きな俳優が出てゐたり時刻表トリック無駄に凝つてゐたりするから、つい視てしまふ。


2018年01月21日 09:03

飛し視。つまらない。

台詞が古臭い。冒頭のナレーションはチープなポエムのやうだつた。一々説明的だつたし。


面白かつた。

≪ランダル、中年の危機本番か?≫

デュークの言ふことは、まるで悪魔の囁きだ。デュークの部屋番号が13だし。

ケヴィンがオリヴィアとスローンの間で揺れ動いたことについては、何の共感も無かつたけど、フィアンセたるトビーが居ながらデュークが気になるケイトの気持ちは、凄く解る。トビーもデュークも少なくとも見た目に関しては好い男だから(笑)。

ジャックは、パジャマでなく全裸でベッドに入ってほしい😁


2018年01月20日 03:28

つまらなくはなかつた。

新ヨゴ国の人達はタルシュのアルムの腕時計を見て何も思はなかつたのだらうか。


面白かつた。意外ね(笑)。

町田啓太、可愛い✨ 今回は、町田啓太の可愛さ以外にも見所があつて好かつた。前田亜季とか本田博太郎とか鈴木裕樹とか。


2018年01月19日 05:14

面白かつた。

それなりに面白かつた。

≪10歳にも満たないであらう子供に「お姉さん」と呼ばれるマリコ(笑)≫


2018年01月18日 23:55

つまらなくて飛し視。

つまらなくて飛し視。

≪さういへば、深田恭子は、泳ぎが得意なんだつけ≫

ゲイに関する部分は、腐れ♀がマギナス汁を垂れ流しながら妄想してゐるモノを映像化したやうな感じだつた。そのさいか、眞島秀和建築士が大して魅力的に見えなかつた。あんな見た目が不気味な若造なんかとでなく平山浩行スタイリストとカップルだつたら好かつたのに。

松山ケンイチ旦那と伊藤沙莉旦那妹は好かつた。

伊藤沙莉旦那妹は、セクハラだのマタハラだの解つたやうなことを言ふ割に避妊をしない(笑)。伊藤かずえ医師が避妊に言及してゐるから、他の多くのテレビドラマ世界と違つてこのドラマ世界には避妊といふものが存在するのに。

ああいふレストランは静かに食事をする場所なんだから、赤ん坊だから煩くしていいといふことにはならないだらう。



つまらなかつた。

阿部進之介(警察SP、清田春孝(きよた・はるたか)役)が一寸可愛かつた。

主人公をよく見せるために周りのキャラを悪く描き過ぎてゐる。丁度、刑事弁護士ドラマで主人公と対立する警官や検事を無能なキャラに描くのと同じやうなものだ。


つまらなかつた。途中飛し視。

余り面白くなかつた。

ミステリ部分は、『オリエント急行の殺人』のやうで中々凝ってゐた。


2018年01月17日 02:59

つまらなくはなかつた。

渡部篤郎が、コミカルなキャラでもなく気狂キャラでもない、シリアスで割と普通の役をやつてゐるやうに見えた。


2018年01月16日 01:11

余り面白くなかつた。冒頭、ちんたらせずに話が進んで行つたのは好かつたんだけど。

中原丈雄、ジジ様(木南晴夏)が視てゐたテレビ番組『たけ散歩』(?)に出てゐた。毎回、かうやつて登場するのかしらん(笑)。

志尊淳@『女子的生活』対瀬戸康史@『海月姫』の女装対決は、志尊淳の方が勝ちだらうか。どちらも、女に見紛ふといふ設定には反してゐるやうな気がするけど(笑)。


飛し視。

木村文乃弁護士が単なる嫌な奴でしかなかつたやうな気がする。依頼人の言ふことを信じない弁護士といふのは、ちよつとどうなのだらうか。

犯行動機が雑すぎる。犯行もあんな風に計画通りにうまくいくとはちよつと思へない。

それにしても、松本潤の顔は、不相変、ゴムとスライムとの中間の物質で出来てゐるやうな印象を与へる(笑)。


2018年01月14日 01:31

つまらなかつた。  

性格の悪い弁護士役の波瑠は中々素敵だつた。


2018年01月13日 17:31

それなりに面白かつた。

恋人がMERSだと判明しても、馬場(山口紗弥加)は、自分が濃厚接触者であることについて何の言動も取らなかつた。幾ら何でも不自然だ。

村井國夫は只の医者役なのか、と思つたら、案の定、悪い奴だつた(笑)。


つまらなかつた。

つまらなくはなかつた。

余り面白くなかった。

町田啓太、可愛し❤️

中島広稀、不相変、上目遣にした時の三白眼が素敵🎵


面白かつた。

ケヴィンの元妻ソフィーをオリヴィアだと勘違してしまつたよ。不相変、新キャラが唐突に登場するなあ(笑)。

太めの馬丁がセクシーだつた。


2018年01月12日 23:43

それなりに面白かつた。

あらざらむこの世のほかの思ひ出に彦星(清水尋也)がハリカ(広瀬すず)に求める「あのね」。終盤での二人の会話が切なかつた。

るい子(小林聡美)が普通にお札を強奪しようとしたのに驚いた。「女だから、出世できなかつた」とるい子は、言つてゐたけれど、かういふ犯罪者気質を見抜かれてゐたのではないのか。飯代を平気で踏み倒してゐるし、倉庫に放火したと言ふし。


2018年01月10日 02:24

それなりに面白かつた。意外ね(笑)。

佐々木希[A]ぞんざいに扱われる女の哀れな感じが好かつた。

余り面白くなかつた。

町田啓太、可愛し😍 町田啓太が普通過ぎるとはどういふ美的感覚なのか。まあ、主人公が普通に綺麗なお姉さんに見える世界だから、仕方ないか。

志尊淳がたまに内田有紀風に見えた。それ以外の時はIVAN風だつた。

 オーガニック女の何々だよといふ語尾にむかついた😠


2018年01月07日 23:19

つまらなくはなかつた。

鈴木亮平は、冒頭に少し出てゐた。可愛い❤️


つまらないので、途中で視るのを止めて、録画を消した。

山崎賢人は、屍体の役が大変巧かつた。門脇麦に付き纏ふストーカー役の方がよかつたのでは?


2018年01月06日 22:11

それなりに面白かつた。

2018年01月05日 11:58

つまらなくはなかつた。

無駄に肉体を誇示するマッスル大内田悠平が可愛かつた♪


飛し視。

吉川晃司米国国防総省担当情報次官(笑)がテロリスト制圧のために、警官らに襲ひ掛つて拳銃を奪ひ、悠々と都庁に入つて行く――といふ展開が「何ぢや、こりや⁉️」と思ひつつも微笑ましかつた。ジグロは、短槍がなくても強いのだね(笑)。

飛し視。

「鼻歌ダンス」
泉澤祐希、歌が素敵だつた。32歳の役は幾ら何でも無理があつたけれど(笑)。

2018年01月02日 22:38

つまらなくはなかつた。伊藤沙莉のお蔭だらうか。

飽くまでコントであつてTVドラマではないから仕方ないのだらうけれど、もつと乙張のある演出で視たかつた。

伊藤沙莉は、(態となのかもしれないけれど)悲鳴が金切声になつてゐなかつた(笑)。


面白くなかつた。

不相変、国家権力がどうのとか、正義がどうたらとかといふ話は、大味といふか、幼稚といふか、思想が偏つてゐるといふか、視てゐて馬鹿馬鹿しくなる。太田愛脚本だから、一寸期待したのだけれど、残念だつた。

話に捻りがなかつたし、終盤(健太郎高校生のスーパーハッカー振りや警部殿の正義についての御講釈など)は特につまらなかつたけれど、途中まではサスペンスフルで好かつた。

冠城の「大切な人」とは、社(の娘)のことだつたのだね。てつきり、杉下のことだと思つてしまつたよ(笑)。



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事