2019年12月

2019年12月31日 00:58

退屈。

血に浸したビスケットは素敵だつた。感染症になりさうだから食ひたくないけど(笑)。

1921年にあつては革命もロマンチックなものだつたのか?

今に始つたことぢやないけど、松田龍平はちよつと滑舌が悪い。

村田孜郎(しろう)
演 - 岡部たかし
大阪毎日新聞上海支局長。

2019年12月30日 13:41

王様、死んぢやつたよ。イケメンだつたのに。

何時も思ふんだけど、弟大君は『バリゾーゴン』のポスターの人みたいだよなあ。

何か前回からすつかり飽きちやつたよ。


戦闘シーンに緊迫感が全然無い。

2019年12月29日 00:41

事件に直接関係ない部分が余り面白くなかつた。加へて「償ひ」とか「法の秩序」とかの考へ方が間違つてゐるのは、今に始つたことではないけれど、視てゐて馬鹿馬鹿しくなる。

次回へ続く。勝野洋元教官が隠してゐることとは何なのか。

スチール哲平が医療少年院の教官役で出てゐた。

2019年12月28日 21:52

《リュウケンドー対オーブ》

仇討侍役が山口翔悟だつた。可愛し。殺人剣侍役は辻本祐樹だつた。

2019年12月26日 23:33



この頃は五尺五寸で大男だつたんだな。

語り手の伯父に関する新聞記事の仮名遣が現代仮名遣だつた。残念。


2019年12月25日 18:48

再視聴。

右京は本当に剣道が強いのか(笑)?

「不登校」ではなく「登校拒否」と右京が言ってゐた。




2019年12月24日 03:25

模倣犯は十代から二十代。そんなキャラ、登場してゐたつけ?

2019年12月23日 12:30

ベッキー事務員「ぢやあ先生はどうしたら赦されるの?」

ベッキーも赦されないままだよね、多分。

所詮テレビドラマだから仕方ないのだらうけれど、裁判とか賠償とかに関する考へ方が間違つてゐる。裁判には何よりも公正さが求められるのだし、賠償とは被害者に対して行ふものだ。

また被告人が誰かを庇つてゐるのだらうか。


2019年12月22日 04:50

映像は好かつた。テンポよく話が進んだので概ね飽きずに視聴できた。謎解き後の生きるの死ぬのは退屈だつた。

53分10秒ごろ、金田一耕助(加藤シゲアキ)ら4人が飯を食ひながら捜査会議をしてゐる場面で映つた由良家・仁礼家の系図に、被害者である泰子・文子の実の父親が恩田幾三であると書かれてゐた。この時点ではまだ泰子・文子の実の父親が恩田幾三であることを金田一耕助らは知らない筈なのに。実際、その後の場面で金田一耕助は、泰子・文子が恩田幾三の子供であることを聞き驚いてゐるし。


実況しながら視た。

強引なハッピー・エンディングだつた。田中圭CA・吉田鋼太郎キャプテン、千葉雄大副操縦士・戸次重幸整備士、佐津川愛美広報・鈴鹿央士整備士。

山崎育三郎の歌がちよつとあつた。




2019年12月21日 22:36

全部泥を被る小松原様は男だねえ。小松原の言ふ炒り豆が澪のことであつたと澪も気が附いたのだらうか。源斉先生の「私は卑怯者だ」には気が附いてゐないやうだが。

佐兵衛の件が片付いてゐないから今回の前後編スペシャルが好評なら続編が制作されるかも知れない。続編、視たいなあ。 



2019年12月20日 23:33

面白かつた。

《タイムマシンは実現したとしても、映画『タイムマシン』の理屈では原発事故を防げない》


面白かつた。意外ね😁

2019年12月19日 21:03

途中から乍視。

2019年12月18日 23:23

途中から乍視。

テレビ朝日公式サイト粗筋のゲストに渋江譲二の名前がなかつた。


鈴木将一朗、栗山航、千代將太が可愛い。仁科克基が出てゐた。

2019年12月17日 03:14

おディーン様シャーロックと悪党らとの会話がスカした中身の無い中二病的なもので、私にはとても大人の会話とは思へなかつた。

おディーン様シャーロックはバリツで助かるのかね? 港(埠頭)の岸壁から海に落ちるんぢやなくて、せめて断崖とか滝の上とかから落ちた方がよかつたのでは?


ヒロインに男心を弄ばれる(笑)王様か可哀相だつた。

広末涼子刑事が自殺しようとしてゐたり、中二病的言合をしたり、エンディングクレジット後の主題歌場面で結末がガラツと変つたりと残念な内容ではあつたけれども。

実況しながら視た。

「鮟肝を煮る(アンキモオニル)」←「暗渠に居る(アンキョニイル)」
苦しい(笑)。

堀家一希が結構可愛かつた。




2019年12月15日 02:04

面白かつた。

ルービックキューブのやうなタイムマシン。

>掛田氏は飯島さんへのクリスマスプレゼントを何にしたのだらうか。

蛍烏賊のクリスマスツリー。

>飯島さんは何が駄目で掛田氏と交際できないのだらうか。

以前の恋愛体験がトラウマになつてゐた。

たかしお兄さん役は山崎裕太だつた。2049年の偽有栖役は若林時英だつた。


2019年12月14日 22:59

面白かつた。

澪は料理人としての道を選んだ。断腸の思ひであつたことだらう。

中原丈雄はちらつとしか映らなかつた。後編で活躍するのだらうか。


面白かつた。

ビソビソ泣いちやつたよ。

さういや澪は男心に敏くないんだつたな。


途中から乍視。

ウーブレックの上を駆けて行くといふのは『名探偵コナン』にあつた。

今井悠貴の腋毛。萌えない(笑)。

掛田氏は飯島さんへのクリスマスプレゼントを何にしたのだらうか。

飯島さんは何が駄目で掛田氏と交際できないのだらうか。


2019年12月13日 23:13

面白かつた。

堀井新太、辻萬長、竹財輝之助、寺脇康文、上杉祥三、前川泰之と好きな俳優が沢山出てゐて嬉しかつた。

中村昌也ホストは何者で松雪泰子教授とどういふ関係なのか。

エボルト(笑)社長は撚りなく悪者なのだらうか。


飛視。

石黒賢だからテニスネタだつたのだらうか。

ちよつと前までは「人工衛星を使へば何でもできるぞ!」だつたけど、最近は「ドローンを使へば何でもできるぞ!」のやうだ。

女は、愛する男を守るために、横領事件を捏造して男を牢獄を閉ぢ込め、男が保釈されさうになつたら保釈金を強奪する。男は、そんな女に「すまない」と一言だけ言ひ残して死にに行く。中々ロマンチックだつたよ。

今回のエピソードは、出来映えの良し悪しは措くとして、何だか昔の青臭い『相棒』が戻つてきたやうな感じがして、些か懐かしかつた。


マジシャンズセレクトだつたおいふ落ちはちよつと面白かつた。

土門、ホントに警察学校に異動しちやつたよ。3月までには捜査一課に復帰するだらうけど。

蒲原は異動してもをかしくはないけど、さて?


暗示の掛け方は面白かつた。

2019年12月11日 02:39

大工の棟梁とその息子との並びがちよつと可愛かつた。「俺達、仲良かつたのか」(笑)。

前回まできちんと視聴してゐた訳ではないので、よく判らないけれど、何だか余りちやんとした伏線もなく唐突な展開になつてゐたやうな。


飛視。実況しながら視た。面白くなかつた。

普通に喫煙してゐる。

この頃はもう「すごい嬉しかつた」と言ふやうになつてたんだ。さういへば初回ではまだ「半端ぢやなく」と言つてゐた。

木村拓哉コックの瞬間記憶能力は、ビデオの並びやブレスレットのビーズの順番を元通りにする以外に活用されたのだらうか。単に明石家さんま刑事が木村拓哉コックに注目するための設定なのだらうか。


初見。つまらなくて飛視。

こんな内容のドラマでも2002年当時は視聴率が軽く20%を超えたりしてたのだねえ。時代か。

Wikipediaによるとキムタクコックには瞬間記憶能力があるさうだけど、ネタバレ粗筋ではこの能力について特に触れてはゐないやうだから、キムタクコックの異能者的な面は大してフィーチャーされないのだらうか。ちよつと残念だ。まあ、北川悦吏子脚本では仕方ないかも知れない。

それにしても、明石家さんま、木村拓哉、深津絵里、井川遥、柴咲コウが人殺し役といふのが(明石家さんま刑事は正当防衛のやうだけど)中々素敵だ😁


何故か泣ける。

兄弟揃つて小娘に現を抜かすとは。

伯父さん死す。


2019年12月10日 15:16

面白かつた。

マスターが最初に見せた“記憶”は真犯人に捏造されたもので、その後にマスターが見せた“記憶”が真の記憶なのだらうか。だとすると、薫が清春に復讐したといふのは嘘だといふことなのだらうか。

果してガスマスクの正体は誰なのか。随分と引つ張るよなあ(笑)。

さういへば、眞木は死ななかつたやうだ。運がいい。


2019年12月08日 02:25

まあまあ。

乍視。つまらなくはなかつた。が、見所は裸位か。

つまらなくて飛視。

2019年12月07日 00:40

面白かつた。

少路勇介が可愛かつた。地上スケキヨ状態も本人が演じたのかしらん(笑)?

苅谷俊介、回想シーンでの現役刑事姿がまだまだワイルドな感じで素敵だつた。

霧山は、時効になつた事件にしか興味がないのだね。現在の事件に何の言及もしないばかりか、目前で行はれてゐる犯罪を防がうともしないし。幾ら『時効警察』だからといつて警察官がそんな風でいいのか😁

泣きながら「こおいろい(こーひー入れろおい)」。40女だといふのに三日月君は可愛いよね♪
――未来でまた会はう。
――え?――きつとよ!



2019年12月06日 23:12

乍視。あまり面白くなかつた。飽きてきたのか。

まあまあ。

チェックメイトの記号「#」は井桁であつてシャープではないんだけど。

2019年12月05日 22:42

レギュラー尺だつたせいか、前後編の前編なのにチンタラしてなかつたし、結構面白かつた。エンディング・クレジットが表示されて
「さういへば今回次回は前後編なんだつけ」
と思ひ出したくらゐだ。次回の後編もこの程度の水準は保つてほしい。

青木年男は、いつものことだが、いいやうに使はれて「有難う」の一言も言はれないなんて気の毒だ(笑)。普段の行ひがあの通りだから仕方ないのかもしれないけど。

冠城と桝本とで一方が他方より凄く老けて(又は若く)見えるといふことは特にないと思ふんだけど。今一よく解らないギャグだつた。不細工なジャニタレをイケメン扱ひするやうなものかしらん。――て、違ふな。

因みに
反町隆史1973年12月19日生 (45歳)
山崎樹範1974年2月26日生 (45歳)


土門は妻と死別ではなく離別してゐた。離婚の2年後元妻有雨子は病死した。

『相棒18』に続いて『科捜研の女19』も前後編の前編だつたよ。


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事