余り面白くなかつた。

転落死のトリックは面白かつた。

舞台は21世紀の現代なのに無理矢理な横溝正史テイストが一寸面白かつた。警部と駐在の遣取とか、ブレーキの効かない自転車でこける探偵役とか、金田一耕助オマージュかな。

床嶋佳子と星野真里のどつちが犯人なんだらうと思つて視てゐたら、両方の共犯だつたよ。

山中聡が2時間サスペンスで犯人でも被害者でも屑人間でもないのは、何となく珍しく感じる(笑)。実際は、珍しくはないのだらうけど。

次男(阿部亮平)の死体が放置されてるのもどうかと思つたけど、それ以上に、蔵(と思しき建物)の中で明君が気絶してるのに放置された挙げ句、更に桜の木の下に放置されたのは「何だかなあ」といつた感じだ。

事件に民俗学的アプローチがなかつたし、
斧とか鎌とか鉈とかは凶器ぢやなかつたし、
そもそも全然“惨劇”ぢやないし、
大麻の密売は、村の闇がどうかうぢやなくて、単純に警察に通報すればいいだけのことだし。
■番組概要
主演・小泉孝太郎扮するミステリー作家・朝比奈耕作が活躍する新シリーズ!伝説に縛られた花咲村で起こる惨劇…。呪われた村に隠された深い闇の謎を解く!
■番組詳細
ミステリー作家・朝比奈耕作(小泉孝太郎)は、世田谷で起こった女性の不可解な転落死事件を元にした新作の執筆中だ。しかし、独自調査を行うものの、真相には辿りつけず、物語の結末も書けずにいた。そんな耕作のもとに、20年以上前に亡くなった父・耕之介(佐戸井けん太)宛の手紙が届く。差出人はなんと転落死した女性の名前!そして、手紙の消印にある「花咲村」とは民俗学者だった父が恐れ、唯一調査を断念した村だった…。

奇妙な偶然に惹かれた耕作が訪れた「花咲村」は、鬼夜叉伝説に縛られ、呪われた一族・花柳家が牛耳る、桜が咲き乱れる不気味な村だった…。そして、よそ者が知ることは決して許されない、深い闇が隠されていた…。

朝比奈耕作:小泉孝太郎 花柳唯子:星野真里 花柳苑子:床嶋佳子 花柳蝶子:ジュディ・オング 花柳龍太郎:児玉謙次 花柳一呂志:山中聡 花柳二由樹:阿部亮平 花柳三沙子:須藤温子 花柳四穂美:渋谷飛鳥 花柳明:須田瑛斗 中沢義信:阿南健治 朝比奈耕之介:佐戸井けん太 三谷大二郎:鈴木正幸 佐伯賢三:山本龍二

夏目椿:阿南敦子 福井初乃:ぼくもとさきこ 三枝亮介:大内厚雄 尾車泰之:里見浩太朗

原作:吉村達也「惨劇の村」シリーズ(徳間書店刊) 脚本:大石哲也 演出:麻生学

◇番組HP http://www.tbs.co.jp/getsuyou-meisaku/