重版出来!

2016年06月14日 23:49

面白かつた。

いかにも大団円といつた感じで、沁々と感動した。

三蔵山先生のスピーチが素敵だつた。

三蔵山先生の奥さんが拵へお握りを持ち帰つた中田伯に進歩を感じた。

永山絢斗は、かういふ心を病んでるやうなキャラが特に巧い。『恋愛ニート』の時は棒読みだつたのに、変るものだねえ(笑)。


2016年06月07日 23:09

面白かつた。

三蔵山龍夫妻の中田伯への態度は、まるで仏様のやうに慈悲深い。

中田伯が連載をとれた場面で、つられて一寸泣いてしまつたよ。
続きを読む

2016年05月31日 23:51

《時代は変わる!それでも大人が子供の前でかっこつけなきゃならんでしょう!》

面白かつた。

キャラが皆良いし、前回までの展開が伏線のやうに効いてゐて、良くできてゐる。手紙を貰つた漫画家が差出人の書店員を訪ねるくだりが中々感動的だつた。

今更ながら、エンディング・クレジットに明和電機を見付けた。エンペラー副編集長見坊我無役だつた。俳優もやるのに一寸吃驚。それにしても、土佐信道ではなく“明和電機”なんだ(笑)。


2016年05月24日 23:50

面白かつた。

ムロツヨシアシスタントと永山絢斗新人漫画家の対比が好かつた。サリエリとモーツァルトみたい。
「ムロツヨシアシスタントが自分の心の内を直視した後に奮起して改めて漫画家を目指す」
といふ展開にならず、ムロツヨシアシスタントが漫画家を断念したことに沁々とした。


2016年05月17日 23:08

面白かつた。

ベタな内容だつたけど、演技が好いし、脚本や演出も悪くないから、見入つてしまつた。安田顕編集者の過去のエピソードも破局が近づいてくる気配が好かつた。

次回、サリエリがモーツァルトに嫉妬するみたいに、ムロツヨシアシスタントが永山絢斗新人漫画家に嫉妬して、ドロドロの展開になるのかしらん。安田顕編集者の過去のエピソード以上に視てゐて緊張しさうだ。


2016年05月10日 22:53

面白かつた。

青年期の社長がちよつと可愛かつた。

改めて、宮沢賢治神話が根強いといふことを認識した。流石、戦前から一貫して“優等生”である作家は違ふ。このドラマの少々出来すぎた「いい話だなあ」テイストに大変似つかはしい。

当り籤を棄てる落ちは解せなかつたけど、「では、どうすれば良かつたのか」と言はれると、悩む。


2016年05月03日 22:54

面白かつた。

ヤスケン編集者、ムカつく(笑)。

新人漫画家男がネームを考へて新人漫画家女が絵を描くといふことになるのかと思つたら、そんな視聴者が簡単に思付く展開にはならなかつた。

次回、永山絢斗漫画家の活躍(?)がちよつと楽しみだ。


2016年04月26日 22:59

《滝藤賢一の全裸》

面白かつた。


2016年04月20日 14:53

《黒沢心交渉力高し》

面白かつた。

ホロリとしてしまつた。


2016年04月13日 01:00

面白かつた。

主人公は“小熊”の元柔道選手で、黒木華は見た目が全然設定に合つてゐないんだけど、何故かキャラに違和感がなかつた。同じく見た目が全然キャラ設定(シングルマザーの医者)に合つてゐなかつた『ドクターカー』の剛力彩芽が放送前からの予想通り違和感だらけだちたのと比べると、随分と違ふ。

作品のパターンやテイストは、『ホテル・コンシェルジュ』のやうな感じだけど、『ホテル・コンシェルジュ』より演技も脚本もずつと良ささうだ。


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事