毒島ゆり子のせきらら日記

2016年06月23日 01:51

面白かつた。

けど、些か腑に落ちないものを感じた。結局、小津は、虚言癖のある屑人間だつた。そんな小津に惚れたゆり子は、何だか馬鹿女に見えてしまつた。

全体を通して、政治部分と小津が屑人間たる正体を露にするまでの恋愛部分とが面白かつた。

因みに、私が二股するなら、育男と野村さんとがいいなあ(笑)。


2016年06月16日 12:31

面白かつた。

橋爪淳秘書と一緒に泣いてしまつた。青羽さんは好い人だ。

果して、ゆり子は、育男を受け入れるのか。※

※ 2016/6/23[Thu]
受け入れなかつた。まあ、とうぜんか。


2016年06月09日 01:29

《詐欺ではない》
《何といふことでせう。敏腕政治記者小津は頭の可笑しな嘘吐きだつたではありませんか!》

面白かつた。意外ね(笑)。

小津は、土下座をしなかつたどころか、ちやんと謝りもしなかつた。


2016年06月02日 21:01

《戸籍謄本を見ろよ》

それなりに面白かつた。

小津がゆり子に話したことは嘘だつたやうだ。一体何のために小津はゆり子を騙したのだらうか。それもあんなすぐバレる嘘で。ゆり子にバレるだけでなく、第三者にも嘘であらうと判る証拠まで残して(不受理になることを見越して婚姻届を出してゐる)※。まさか、バレずに済むと思つてゐたのだらうか。よく解らない。

キャラの言動にちやんとした理由があればいいんだけど。何だかなあ。


と思つたけれど、「知らぬ。存ぜぬ。ゆり子が勝手にやつたことだ」と言へば、一応話は通るかな。


2016年05月26日 10:48

《恋する乙女毒島ゆり子》

面白かつた。

小津が怪しげで今一つ信用ならないやうに描かれてゐる。


2016年05月19日 15:07

面白かつた。


2016年05月12日 09:44

《男の嫉妬恐ろし》

面白かつた。

主人公が約束の時刻までに八木将康インストラクターと別れられるかどうか視てゐてハラハラしてしまつた。結局タイムオーバーになつただけでなく、そもそもの約束の相手たるミュージシャン男と別れることになつた。

果して記者男との恋の行く末はどうなるのか。矢張裏切りが待つてゐるのか。記者男の、妻と離婚したといふ話や主人公への愛が、主人公を騙すための嘘だと言ふことは流石にないだらうけれど。

私が主人公だつたら、八木将康インストラクターを選んで、ミュージシャン男と記者男を捨てるのだれけど、記者男を選ぶなどとは奇特な話だよねえ(笑)

主人公の顔をぐにやぐにやと抓つたりして弄くり回す橋爪淳御釜秘書が素敵だ♪

何れにせよ、振られる予定の八木将康インストラクターが一寸気の毒(笑)。


2016年05月05日 02:44

面白かつた。

「毒島ゆり子、顔もブスだけど、名前もブスで、救ひやうがないわね」
「あんた、只のブスぢやないわね(笑)」
とか何とかと悪態をつく橋爪淳オカマ秘書が一寸楽しかつた(笑)。

八木将康インストラクターの筋肉と腋毛が素敵だつた。


2016年04月29日 17:15

面白かつた。意外ね(笑)。

八木将康の裸を期待したのに殆どなかつた。残念。

ドラマ全体の官能的な雰囲気が好い。

恋愛と政治、それぞれの裏切りが描かれるらしい。どういふ展開になるのだらうか。小津は結局妻と縒りを戻すのかしらん。黒伝は腹心の政治家に騙されるのかしらん。

2016年04月21日 14:44

面白くはなかつた。

ヒロインとエロいことをする(予定の)男がどれも好みでない、といふか、好みの男が出演してゐない。残念。

『フェミニズムの帝国』のやうなドラマなのかと思つたのだけれど、全く違ふやうだ。まあ、さうだ。幾ら深夜とは言へ、そんなテレビドラマは制作されないだらう。


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事