EX土2300 土曜ナイトドラマ

2021年06月30日 16:30

『泣くな研修医』01 2021-04-24(土)

2021年04月04日 02:45

○『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』01 2021-01-23(土)

〓『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』02 2021-01-30(土)

――

〓『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』04 2021-02-20(土)
加藤清史郎の笑顔が怖い😁

〓『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』05 2021-02-27(土)
矢張加藤清史郎の笑顔が怖い😁

――

〓『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』10[終]2021-04-03(土)
矢張加藤清史郎の笑顔が怖い😁

2020年11月01日 02:59

つまらないの飛視。

高橋文哉の役も山田裕貴の役も善人を装つた悪人だつた! さういふキャラが二人も居るとか、正体を視聴者にあつさり明かして出し惜しみしないとか、結構意外だつた。


2020年09月21日 01:57

まあまあ。

□小芝風花主人公が味方良介陰陽師も大東駿介編集長も選ばないのでは小芝風花主人公がミソジニーから真に解放されたことにはならないやうな気がする。
□――と思つたけれど、味方良介陰陽師と結婚すれば小説を書くことができないし、大東駿介編集長と結婚すれば小説を書くことはできても書きたいものでないものを書かなければならないのだから、どちらも選ばないといふことになるしかないか。
□自分を解放することが小芝風花主人公の成長であつたとしても、たかが自分を解放するといふ程度のことのために小芝風花主人公が妖怪に変じてしまふのはちよつとどうなのよ。
□つまり、女には結婚しつつ自分を解放するといふ選択肢ない(男にはある)、といふことのやうだ。これはハッピー・エンディングではないのではなからうか。何だかなあ。

味方良介陰陽師も大東駿介編集長も、小芝風花主人公のパラレルワールド実体験を共有したやうだから、小芝風花主人公と性交したといふ記憶を突然植ゑ付けられた訳だよね。どんな気分なのかしらん(笑)。

「誤差無し!」はやはりギャグだよね。『BG~身辺警護人~2』では止めたのだつたか。

『真夏の少年』最終回にも、旅立つ者が仲間一人一人に別れを言つたり、劇中で当のドラマ自体を内容とする小説が書かれたりする展開があつた。テレビ朝日テレビドラマ視聴者が小芝風花主人公のやうに未知のことを体験することは、中々困難なやうだ😁

2020年09月15日 03:25

毎熊克哉酒呑童子、「ヤダあ(笑)」が可愛かつた♪ 毎熊克哉酒呑童子にはもつとメリハリのある台詞回しをしてほしいんだけど、可愛いから大目に見てあげてもよくつてよ(笑)。

2020年09月13日 02:38

31-0801|1●「お岩さん」
余り面白くなかつた。
□キャラや演技、映像は好かつた。辛気臭い♀主人公が妖怪達の力を借りて成長してゆくといふ話なのだらうか。
□劇中昔話「ゲキメーション」が『趣味の園芸 京も一日陽だまり屋』のやうだつた。
□小芝風花は可愛い。毎熊克哉は、イケメンキャラ役のやうだ。人間体でのセクシーショットはあるのかしらん。セクシーショットについては大東駿介もどうなのか(笑)。

32-0808|2●「お菊さん」
余り面白くなかつた。次回以降も反ミソジニー的に女の恨みを晴す話なのか。何だかなあ。

33-0815|3×「酒呑童子」
つまらなかつた。
□主人公も主人公の友達も馬鹿♀。何だかなあ。別に「騙される方が悪い」なんて犯罪者の言分に加担するつもりはないけど。
□毎熊克哉、もうちよつと鬼らしい迫力が欲しかつた。まあ、可愛いんだけど(笑)。

35-0822|4○「アマビエ」
まあまあ。つまらなさに慣れたのか。
□御守の勾玉が水色から黒つぽくなつてゐた。主人公は、神鏡に映つた姿に角が生えて妖気が漂つてゐた。人外(妖怪)化してゐるのか。

35-0829|5●「ぬらりひょん」

36-0905|6●〓「山姥」



2020年04月28日 15:33

実況しながら視聴した。視聴するのが苦痛だつたので、途中で視聴を止めた。「さういへば崖の上のポニョならぬマサを視てなかつた」と思ひAbemaTVで続き視た。

《マラソンで歌手デビュー者を決めていいのか、マサ?!😁》

水野美紀の台詞が今一つ聴き取れない。

2020年04月25日 00:43

面白くなかつた。チープな内容を補つて余りある程の熱さのやうな物がなくてはならないのに、少なくとも女主人公からはさういふものが感じられなかつた。

「虹を渡れ!」は、「天国に行け(死ね)」といふことては?

オレンジ色の眼帯は、片平なぎさの手袋だよね😁

女主演者の演技が酷すぎて、チヤラ男役の白濱亜嵐が演技派に見える程だつた。

今後「紙の鍵盤ぢや指が沈まない!」のやうな展開や演出になるのかしらん?

2020年03月15日 06:09

余り面白くなかつた。タルかつたし、(今に始つたことではないけれど)コミカルとシリアスとのバランスが変だつた。

議員(徳光和夫)の脅迫者(偽)をあつさり殺さうとする議員の後継者たる議員秘書(須田邦裕)。議員のお人柄が偲ばれますね😁

西田尚美といふ時点で犯人かなあと思つたら案の定犯人だつた。そんなだから、フーダニット部分以外のところをちやんとしてほしいよ。

女秘書(西田尚美)は、テレビドラマ独自のキャラで、原作小説「時計屋探偵と多すぎる証人のアリバイ」に存在しないキャラだつた。道理で。アリバイ工作が凝つてゐる割に、女秘書、男秘書(須田邦裕)、政治家(徳光和夫)それぞれのキャラ設定や言動が雑だと思つたのだよ。

第2被害者役の藤原智之が結構可愛かつた。

§

全話を通して、出来不出来はあつたけれど、それなりに面白かつた。

成田凌刑事のキャラは、もつとコミカルに振り切れてゐた方がよかつたのでは? 妙にシリアスな部分が退屈だつた。

柄本時生検視官は、オネエキャラが全く様になつてゐなかつた。セクシャル・マイノリティーに係るノーマライゼーションを推進するためのキャラだつたのかしらん😁

2020年03月13日 17:41

「強面刑事?😁<間宮祥太朗」と思つたら、強面なのはさう装つてゐるのであつて内心はビビつてゐるといふキャラだつた。

2020年03月01日 04:31

刑事達の浪花節的な話がつまらない。事件解決が第一であり、誰が解決するかは二の次三の次だ。

アリバイが崩れても犯人であることを積極的に示してゐる訳ではない。


2020年02月25日 06:36

被害者役が尾崎右宗だとクレジットを視るまで気が付かなかつた。不覚。

尾崎右宗は、何だか歳とともに顔の濃さが減じて来てるやうな気がする。ただでさへ存在感が乏しいのに、濃い顔でなくなつたら尚の事存在感が乏しくなるのでは?

第一被疑者の龍平役が大西利空(少年御子柴先生)だから、大ドンデン返しで「実は龍平が犯人だつた!」といつた展開になるのかと思つてしまつたよ😁

足跡や目撃証言で図らずもアリバイができてしまつたといふのがミステリ的で好かつた。

龍平とグータッチできない雄馬(成田凌)といふギャグは、まあ、微笑ましくはあつた。龍平はグータッチを知らないといふ設定なのだらうか。


2020年02月16日 06:43

木村了といふ時点で犯人だよね(笑)。アリバイ探しが同時にアリバイ崩しになつてゐた。


2020年02月09日 03:11

2020年02月03日 05:28

警察が犯人を誤認し、アリバイ崩しの結果、真犯人が判明する――といふのはミステリ的によく出来てゐた。但し、配役で真犯人がバレバレだつたやうな気がするけど(笑)。

成田凌がクレジットのトメだつた。驚き👀‼️


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事