CX木22

2021年06月30日 10:00

●『レンアイ漫画家』01 2021-04-08(木)
69分世帯6.5%個人3.5%

2021年03月18日 22:54

○『知ってるワイフ』11[終] 2021-03-18(木)

●『知ってるワイフ』10 2021-03-11(木)

●『知ってるワイフ』09 2021-03-04(木)
タルい。

〓『知ってるワイフ』08 2021-02-25(木)
飽きた。

〓『知ってるワイフ』07 2021-02-18(木)
飽きてきた。

〓『知ってるワイフ』06 2021-02-11(木)

2021年03月04日 23:23

タルい。

主人公の話に直接関係ない社内同僚の恋愛事情はどうでもいい。マギーは可愛いとは思ふが。

津山(松下洸平)が元春(大倉忠義)を殴つて罵つた。信じてゐた親友(元春)に女(澪(広瀬アリス))を取られたんだから当然だ。きつと元春が居候してゐるせいでエロ動画を見ながらオナニーできない苛々もあつたと思ふよ😁

「澪が一方的に元春に迫つてきただけであり、元春は澪を受け容れていない」といふことを元春は、津山に説明できたのだけれど、さうしなかつた。さうしたら澪が悪者になつてしまふし、結局、親友である津山を傷付けた訳だし、抑、元春が過去を変へてゐなければ、津山は妻子と幸せに暮してゐたのだから、幾ら屑な元春と雖も後ろめたくて親友に対して言ひ訳はできないよね。

2021年03月01日 22:28

途中から1.3倍。飽きた。でも、次回が一寸気になつたので、視ておくにした。

沙也佳(瀧本美織)にかかつてゐた呪は解かれたやうだ。その分、澪(広瀬アリス)にかかつてゐる呪が強化された。澪は呪を祝に転化できるのだらうか。

呪の側杖を食つた津山(松下洸平)が気の毒だ。津山に幸せな未来があるといいのだけれど。

津山&澪の社内恋愛に触発されて同僚達が色気づくのが微笑ましかつた。



沙也佳は元春(大倉忠義)と離婚する。澪は元春に愛の告白をする。元春はそれを受け容れない。澪は元春にキスをする。

2021年02月15日 18:55

元春(大倉忠義)は、キャンプで、改めて知らざる澪(広瀬アリス)を突き付けられ、ワイフの知つてることが役に立たなかつた。それで、今度は沙也佳(瀧本美織)を捨てて澪とやり直さうとした(できなかつたが)。身勝手な奴だ。

次回、沙也佳に新しい男(小関裕太)ができるやうだ。この男が沙也佳にかけられた“呪ひ”を解くのだらうか。

同じご都合主義的ファンタジー認知症でも、『にじいろカルテ』より『知ってるワイフ』の方がまだマシだ。矢張、医療ドラマに「ロマンチックな狂気」を登場されては駄目だよね。『にじいろカルテ』#3で『レディ・ダ・ヴィンチの診断』を連想した。

2021年02月04日 09:03

面白かつた。

《女の自立を阻む男、元春(大倉忠義)》

元春は、“知つてるワイフ”の知らなかつた点を知り、自分が澪(広瀬アリス)をモンスターにしたことに気附いた。けれど、澪をモンスターにしたやうに、今度は沙也佳(瀧本美織)をモンスターにしようとしてゐることには気附いてゐない。オツムの容量が少ないのだね。

澪も沙也佳も、元春と結婚しなければ、活き活きと自分のキャリアを築けたのに。運命的な呪ひのやうなものを感じる。


2021年01月30日 15:12

タルくて途中飛した。

元春(大倉忠義)に「嫉妬されてゐるのではないか」と言はれた沙也佳(瀧本美織)。実は沙也佳の方こそがコンクールで優勝した同級生に嫉妬してゐたやうだ。

2021年01月14日 22:00

2021年01月08日 03:08

森田甘路の半裸があつた。色白ぽつちやりで可愛い💠



「主人公は、本質的に結婚や育児に向いてゐないけれども、愛する妻や子供のためにどうにか現実と折り合ひをつけて成長していく」
といつた話なのかなあ。原作の粗筋を読む限りでは、子供に関することは妻に関することの序といつた風だが、さて?

夫は、鈍感であり、ある意味卑怯であり、見ようによつては実に“男らしい”男だ。言ひ換へると、妻は、ヒステリックであり、ある意味愚かであり、見ようによつては実に“女らしい”女だ、といふことになる。

原作では「夫は、自分のせいで妻が『鬼嫁』になつたことに気附く」といつた展開であるやうだ。多分、日本版でもさうなるのだらう。



子供のお迎へは予定表に書き込んでおけば忘れないのでは?

剣崎元春(大倉忠義)がレジの行列を抜けて商品を取りにいくのを視て、百歩譲つてさうせざるを得なかつたにしても、「抱へてゐた子供を奥さんに押し付けるなよ」と思つた。

ゲーム機購入が「最後の一押し」となつたのであらう剣崎澪(広瀬アリス)に同情するけれど、他人(剣崎元春)のゲーム機を勝手に破壊するのは駄目だらう。

小池良治(生瀬勝久)は見ず知らずの剣崎元春に千円も上げるなんて気前が良い(笑)。

青字幕キャラが居なかつたやうだ。次回から誰かが青字幕になるのだらうか。



剣崎元春は、妻・剣崎澪とうまくいつてをらず離婚したいと考へる。

大学時代の憧れの的であつた江川沙也佳と再会し、江川沙也佳が剣崎元春のことを好きであつたことを知る。

澪とではなく沙也佳と付き合つてゐれば、と考へる。

「過去に戻ることができる」と語る謎の男・小池良治に出会ひ、小池良治から2010年の500円硬貨を2枚受け取る。

奇妙な有料道路料金所で小池良治から受け取つた2010年の500円硬貨を1枚使ふと、2010年に戻つてゐる。以前とは違ふ行動をとる。気がつくと現在に帰つて来てゐる。

以前とは違ふ行動のせいで過去が変つたことに気附く。人生を変へるために、また奇妙な有料道路料金所で小池良治から受け取つた残りの2010年の500円硬貨を使ひ、再び2010年に戻る。
続きを読む

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事