アリバイ崩し承ります

2020年03月15日 06:09

余り面白くなかつた。タルかつたし、(今に始つたことではないけれど)コミカルとシリアスとのバランスが変だつた。

議員(徳光和夫)の脅迫者(偽)をあつさり殺さうとする議員の後継者たる議員秘書(須田邦裕)。議員のお人柄が偲ばれますね😁

西田尚美といふ時点で犯人かなあと思つたら案の定犯人だつた。そんなだから、フーダニット部分以外のところをちやんとしてほしいよ。

女秘書(西田尚美)は、テレビドラマ独自のキャラで、原作小説「時計屋探偵と多すぎる証人のアリバイ」に存在しないキャラだつた。道理で。アリバイ工作が凝つてゐる割に、女秘書、男秘書(須田邦裕)、政治家(徳光和夫)それぞれのキャラ設定や言動が雑だと思つたのだよ。

第2被害者役の藤原智之が結構可愛かつた。

§

全話を通して、出来不出来はあつたけれど、それなりに面白かつた。

成田凌刑事のキャラは、もつとコミカルに振り切れてゐた方がよかつたのでは? 妙にシリアスな部分が退屈だつた。

柄本時生検視官は、オネエキャラが全く様になつてゐなかつた。セクシャル・マイノリティーに係るノーマライゼーションを推進するためのキャラだつたのかしらん😁

2020年03月13日 17:41

「強面刑事?😁<間宮祥太朗」と思つたら、強面なのはさう装つてゐるのであつて内心はビビつてゐるといふキャラだつた。

2020年03月01日 04:31

刑事達の浪花節的な話がつまらない。事件解決が第一であり、誰が解決するかは二の次三の次だ。

アリバイが崩れても犯人であることを積極的に示してゐる訳ではない。


2020年02月25日 06:36

被害者役が尾崎右宗だとクレジットを視るまで気が付かなかつた。不覚。

尾崎右宗は、何だか歳とともに顔の濃さが減じて来てるやうな気がする。ただでさへ存在感が乏しいのに、濃い顔でなくなつたら尚の事存在感が乏しくなるのでは?

第一被疑者の龍平役が大西利空(少年御子柴先生)だから、大ドンデン返しで「実は龍平が犯人だつた!」といつた展開になるのかと思つてしまつたよ😁

足跡や目撃証言で図らずもアリバイができてしまつたといふのがミステリ的で好かつた。

龍平とグータッチできない雄馬(成田凌)といふギャグは、まあ、微笑ましくはあつた。龍平はグータッチを知らないといふ設定なのだらうか。


2020年02月16日 06:43

木村了といふ時点で犯人だよね(笑)。アリバイ探しが同時にアリバイ崩しになつてゐた。


2020年02月09日 03:11

2020年02月03日 05:28

警察が犯人を誤認し、アリバイ崩しの結果、真犯人が判明する――といふのはミステリ的によく出来てゐた。但し、配役で真犯人がバレバレだつたやうな気がするけど(笑)。

成田凌がクレジットのトメだつた。驚き👀‼️


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事