felicia_victoriana

【視聴記録】テレビドラマ

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-

17 12月

○『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第10話[終]「終幕」2019年12月15日(日)3

広末涼子刑事が自殺しようとしてゐたり、中二病的言合をしたり、エンディングクレジット後の主題歌場面で結末がガラツと変つたりと残念な内容ではあつたけれども。
10 12月

◎『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第9話「覚醒」2019年12月08日(日)4

面白かつた。

マスターが最初に見せた“記憶”は真犯人に捏造されたもので、その後にマスターが見せた“記憶”が真の記憶なのだらうか。だとすると、薫が清春に復讐したといふのは嘘だといふことなのだらうか。

果してガスマスクの正体は誰なのか。随分と引つ張るよなあ(笑)。

さういへば、眞木は死ななかつたやうだ。運がいい。
4 12月

◎『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』#8「人体実験」2019年12月01日(日)4

面白かつた。続きを読む »
26 11月

○『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』#7「極秘地下組織」2019-11-24(日)3

まあまあ。

杉本哲太刑事が裏切者でなくて好かつたよ。続きを読む »
18 11月

◎『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』#6「逃亡」2019-11-17(日)4

面白かつた。第2部覚醒編、開始。

毎月警察病院で検診(?)を受けてゐるらしい細田善彦刑事は人体実験の被験者なのだらうか。

似たやうなハイテンションキャラでも工藤阿須加よりも矢本悠馬の方が様になつてゐる。まあ、当然だけど。頑張れ、工藤阿須加(笑)。

「小学四年生の少年が発砲の反動を感じないのはをかしい」と『ニッポンノワール』世界も一応通常の物理法則が支配してゐるんだね。ジェットアッパーは出来ちやふけど😁

清春「死んだらブツ殺すぞ」
どつちにしても死ぬのかよ(笑)。

🐦良🐤
11 11月

◯『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』#5「ベルムズ」2019-11-10(日)3

まあまあ。前回、多少トーンダウンしてゐた。今回、更にトーンダウンしてゐる。まあ、仕方がない。

《赤羽対幻徳、赤羽の勝ち》

第1部、完結――。賀来賢人刑事の蘇つた記憶によると広末涼子刑事が10億円強奪事件の黒幕だといふ。が、果して本当に賀来賢人刑事の記憶は正しいのか? 広末涼子刑事の息子の父親が賀来賢人刑事であるといふことも本当なんだらうか。克喜(広末涼子刑事の息子)にはどんな秘密が隠されてゐるのか?

「話を行き当りばつたりで作つてゐるんぢやないのか?」と思はせる辺りが『ワイルド・ヒーローズ』のやうだ😁


4 11月

◎『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』#4「捜査一課長の嘘」2019-11-03(日)4

面白かつた。

《誇れる決断》

「うちの連中は怒ると何を仕出かすか分らないからな」
公安部の警察官だけでなく『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』世界の警察官(或は登場人物)はみなさうなのでは(笑)?

謎の組織ニッポンノワール! 😁

何といふことでせう。克喜の父親は清春だつたではありませんか❗ てか、二人はさういふ仲だつたのか? 清春の知らない内に清春の精子を勝手に使つて薫は克喜を妊娠したのか(笑)?
27 10月

◎『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』#3「容疑者才門」2019-10-27(日)4

面白かつた。

矢張最後に清春が克喜を抱き締める展開になつた。

井浦新は巧いね。通俗的リアリズムから遠く離れた『ニッポンノワール』でちやんと説得力のあるキャラを演じてゐるんだから。

清春(賀来賢人)対才門(井浦新)の闘ひは、少年漫画的な熱さと微笑ましさとがあつて素敵だつた。ジェットアッパーに笑つた(笑)。

ジェットアッパー、『G線上のあなたと私』の主人公も放つていた。流行つてるのかしらん(笑)。

21 10月

◎『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』#2「2つの事件」2019-10-20(日)4

面白かつた。ホントに意外ね😁 相変らずトンデモ展開で突き進んでゐて素晴らしい。

「清春、Look at me」は何だつたのかしらん? 清春(賀来賢人)は、才門(井浦新)にさう言はれたことを覚えてゐないやうだつたけど。

主人公は、親子の情愛の類に弱いのだらうか。足をぶつけ(たせいにし)て涙する姿にちよつと沁々としてしまつた。

杉本哲太刑事、乳首相撲をやる気満々だつた(笑)。やつてほしかつた♪

賀来賢人&工藤阿須加の上半身裸は中々素敵だつた。
15 10月

◎『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』#1「笑えねぇ日々の始まり」2019-10-13(日)4

面白かつた。物凄く意外ね😁

何て言ふか、脱“通俗的リアリズム”的といふか浪漫的な「暗黒日本」を好く構築してゐた。良い意味で現代日本が舞台だとは思へない。終始トンデモ展開だつたせいで巧まざるお笑ひが生じてゐたのはまさに御愛嬌だ(笑)。

作品の強烈さのせいですぐ飽きてしまふやうな気もするけど、『3年A組』のやうな説教臭い作品にはならずに、このテイストとトーンとを保ちながら最後まで突き進んでほしい。

杉本哲太刑事は肉体派キャラみたいだ。お肌の露出の多い格好をしてほしいけど、どうなのか?

工藤阿須加刑事、叫び声がちよつと一本調子だつたけど、中々キュートなキャラだつた。『家売るオンナ』の庭野とは又違つた可愛さだ♪
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ