felicia_victoriana

【視聴記録】テレビドラマ

岡田将生

4 5月

『なつぞら』第5週(#26/#30)「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」2019-04-29(月)/05-04(土)

○#025[04-29(月)]
番長、当然ながらあつさりなつに振られた。失恋で弱つてるところをよつちやんに付け込まれないやう気を付けろ(笑)。

●#026[04-30(火)]
何だかなあ。なつがいかに北海道で皆から愛され幸せに暮してゐるかをくどくどと描写されてゐて、視てゐて恥しかつた。

●#027[05-01(水)]
キャラ紹介の数珠繋ぎがタルかつた。

●#028[05-02(木)]
師匠役の岩谷健司を最初マキタスポーツだと思つてしまつた。岡田将生は他の若手男優と比べると矢張華やかだ。

●#029[05-03(金)]
岡田将生&広瀬すずだから視てゐられたけど、再会の場面は「何だかなあ」だつた。

○#030[05-04(土)]
話は今一だけど岡田将生や広瀬すずなどのお陰で視てられる。

辻萬長親分、渋くて素敵だ。

それにしても「人呼んで何とか親分」といつた説明的な台詞で紹介する、なんて展開がいまだにあるものなのだね。

比嘉愛未マダムは好い人といふかお人好しよだね(笑)。マダムと咲太郎との間に何があつたのあつさり判明しちやつて、何だか肩透かしだつた。
28 4月

🚧『なつぞら』第4週「なつよ、女優になれ」2019-04-22(月)~27(土)

#024[27(土)]
案の定、劇中劇が視てゐて恥しかつた。なつが自分のために演劇をやつたといふ落ちは好かつた。

次週予告を視る限りでは、相変らずパツとしないやうだけど、惰性で視てしまふ程度には面白さうだ。咲太郎は、渡邉蒼から岡田将生に変つて、どこをどう見ても9年前の面影なんて微塵もないのに、なつは、兄だとすぐ判るやうだ(笑)。

ところで、中原丈雄はいつから出演するのかしらん。板橋駿谷の出番は次週月曜までのやうだから、見映えのする男を早く補充してほしい(笑)。
15 12月

●『大誘拐2018 』[2018-12-14(金)]

余り面白くなかつた。

出だしは悪くなかつたし中尾明慶のキャラも他のキャラと比べて中々好かつたんだけどねえ。

――脚本や演出に驚きや意外性が足りない。
――脱税目的が話の半ばであつさり明かされる。
――原作の戦争に当る部分を自然災害に置き換へたせいで話がをかしくなつてる。
――警察内部での啀み合ひが全くつまらない。
――政治批判部分が子供じみてる。
――渡部篤郎・榊原郁恵・岡本玲の各キャラがあからさまに犯罪に荷担したりしてる。

と色々駄目な所があつた。多分、映画版と比べてしまふから、こんな風に感じるんだらう。



改めて思つたんだけど、岡田将生の笑顔は、悪魔的で不気味だ😁

あと、中尾明慶(と岡田将生)の入浴シーンはあつたけど、森田甘路のはなかつた。スタッフは解つてない。



さう言へば、映画版には緒形拳の越中褌姿がちらつとあつた。『大誘拐2018』と全然関係ないことだけど(笑)。
9 11月

❤️『昭和元禄落語心中』#5「決別」[2018-11-09(金)]

大変面白かつた。

名跡に関する七代目八雲(平田満)の葛藤とか、助六(山崎育三郎)と菊比古(岡田将生)とが互に相手を羨んでゐたこととか、落語の内容がドラマの展開とシンクロしてゐるところとか、相変らず見応があつた。

みよ吉(大政絢)は、菊比古から貰つた杖を置いて故郷に戻ったのだね。
4 11月

◎『昭和元禄落語心中』#2[2018-10-19(金)]~#4[2018-11-02(金)]

#4「破門」[2018-11-02(金)]
◎面白かつた。

相変らず見応がある。

助六は破門されたし、みよ吉は菊比古に捨てられたし、二人は心中へと突き進むのかしらん。

真打になる時は身綺麗にしなきやなんないけど、真打になつてからは女を囲つても構はないといふことなのだらうか。

落語協会長役の辻萬長が渋くてカツコ好かつた🎵

★★◇◇◇

#2「助六」[2018-10-19(金)]~#3「迷路」[2018-10-26(金)]
◎面白かつた。

山崎育三郎、色つぽい。岡田将生といちやつく場面も微笑ましかつたし。大政絢とエロいことをするのかしらん。

演芸場の宍戸美和公従業員ら女二人は年を取らないキャラなのだらうか。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ