恐怖新聞

2020年10月11日 01:29

《駿河太郎開襟セクシー》

黒木瞳の一人二役が素敵だつた。

「もう少しで殺せるから」の黒木瞳ママは、殺人未遂犯だよね? 逮捕等されてゐなかつたやうだけど、どういふことなんだ?

一度に沢山の恐怖新聞を見せてすぐに寿命が尽きるやうにしたり、恐怖新聞をアンケート用紙にして名前を書かせたり。中々賢いね。

幾ら主人公の前世に殺された恨みがあるからつて、化物の類が全く事実でない嘘を吐いて人間たる主人公を騙す、といふのはお話の展開としてちよつとどうなのか?「化物は嘘を吐かない」なんて決りはないんだけど。

2020年10月04日 12:28

面白かつた。次回最終回もこんな感じでお願ひする♪

黒木瞳ママ「ちよつと待つて。もう少しで殺せるから」
ブス幼馴染が化けて出たのより強烈だつた😁

佐藤大樹のボクサーブリーフ姿よりも駿河太郎の開襟シャツの胸元から下着のシャツがちよつと見えてゐる姿の方がエロかつた。

駿河太郎、いいよね。『いだてん~東京オリムピック噺~』『やすらぎの刻~道』でも結構よかつた(『やすらぎの刻~道』終盤での老人役は流石にちよつと何だつたけれど)。今後も頑張つてほしい。

勇介(佐藤大樹)は本質的には浮気性のDV男なのだらうから、恐怖新聞のことがなくても早晩、詩弦(白石聖)は、勇介の浮気と暴力に苦しめられることになつたらう。加へて屑人間を安易に受け入れてしまふキャラのやうだから、勇介と別れるに別れられなくてズルズルと不幸な暮しをしてゐただらう。

@@@

本編終了後のおまけコーナー、くすつと笑へる感じにしなくちやならないと思ふんだけど、佐藤大樹の演技とスタッフの演出とが駄目なせいか、そんな風に全くなつてない。それとも、さういふ趣旨でないコーナーとして『恐怖新聞』では設けられてるのか? だとしたら、どういう趣旨のコーナーなのか? よく解らない。

このコーナーは、元々はドラマの内容がシリアス一辺倒だから、視聴後に一息ついてもらふために設けられた、と私は理解してたんだけど、違うのだらうか。


2020年09月27日 02:20

時代劇😁

詩弦(白石聖)の前世はヤエ(黒木瞳)。

突然の時代劇もさることながら、若侍は、越後屋の旦那の命が危いことを当の越後屋に知らせに行つた筈なのに、その越後屋を斬殺しちやつたんで、「何ぢや、そりや」な感じだつた(笑)。

前例があるとは言へ、映像の叙述トリックが好かつた。

2020年09月20日 01:24

隣の部屋のともを君と鬼形礼(坂口涼太郎)とは別人だつたよ! 鬼形礼は隣の部屋のバルコニーに出現してゐただけのやうだ。

浮気した彼氏(佐藤大樹)と男を寝盗つた幼馴染とがムカつく。

ありがちなパターンでは女は浮気した男よりも男を寝盗つた女を恨むものなのでは? 恐怖新聞に署名させる相手に彼氏よりも幼馴染を選ぶものでは?

それにしても彼氏は主人公に何故あれ程入れ込んでゐるのだらうか。まだ知り合つてから然程経つてゐないのに。

今の時点で主人公が死ぬと、恐怖新聞の契約者は蜷川妹(福地桃子)になるのだらうか。それとも間に居た蜷川兄(猪野学)が死んでゐるから、恐怖新聞の契約者は一旦居なくなるのだらうか。前者かな。

駿河太郎刑事は、恐怖新聞で予言されてゐた交通事故を利用して邪魔な同僚を葬つた。更には蜷川兄と同様に恐怖新聞で金儲けをしようと企んでゐるやうだ。借金返済の前に死んでしまひさうだが、さて。

予告編によると次回から第三章ださうだ。いつから第二章だつたのだらうか。



2020年09月13日 02:46

《何といふことでせう! 隣のともを君は恐怖新聞配達人鬼形礼だつたではありませんか!!》

佐藤大樹の上半身裸がちよつとあつた。

駿河太郎、柄の悪い役がよく似合つてる😁 同じ刑事役でも『おかしな刑事』『警視庁ゼロ係』『小さな巨人』の時よりいい。最近、かういふ柄の悪い男に惹かれてしまふ。山根和馬とか佐藤祐基とか。

猪野学(47)、中身は25歳で見た目は年寄といふ役を演つてるのだね。ちよつと面白い。

坂口涼太郎隣人、不気味だ(笑)。上記3キャラより印象的だ。さういふ意味ではお得な顔立ちだ。


[未了]

2020年08月30日 11:39

パパ「生れて来ませんやうに。赤ん坊が死にますやうに。どうかお願ひします。お腹の子を殺して下さい。殺して下さい」

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事