成田凌

2020年09月24日 23:16

29-0716|1●
余り面白くなかつた。
□前原滉は可愛かつた❤️ ゲストなのが残念だ。

30-0723|2〓

31-0730|3〓
浅利陽介と成田凌が好かつたやうだ。

32-0806|4〓
33-0813|5〓
34-0820|6〓
――
〓10 2020-09-17(木)
2年後、田中圭薬剤師は存命なのか?
□池田鉄洋副部長の治験に関するスピーチが一寸感動的だつた。

〓11[終] 2020-09-24(木)
□前原滉産婦人科医がまた出てゐた。妊婦の夫米川役は牧田哲也だつた。二人とも一寸可愛かつた。
□案の定、田中圭薬剤師はステージ4から生還した。田中圭薬剤師の生命力とお薬の力とが凄い😁


続きを読む

2020年03月15日 06:09

余り面白くなかつた。タルかつたし、(今に始つたことではないけれど)コミカルとシリアスとのバランスが変だつた。

議員(徳光和夫)の脅迫者(偽)をあつさり殺さうとする議員の後継者たる議員秘書(須田邦裕)。議員のお人柄が偲ばれますね😁

西田尚美といふ時点で犯人かなあと思つたら案の定犯人だつた。そんなだから、フーダニット部分以外のところをちやんとしてほしいよ。

女秘書(西田尚美)は、テレビドラマ独自のキャラで、原作小説「時計屋探偵と多すぎる証人のアリバイ」に存在しないキャラだつた。道理で。アリバイ工作が凝つてゐる割に、女秘書、男秘書(須田邦裕)、政治家(徳光和夫)それぞれのキャラ設定や言動が雑だと思つたのだよ。

第2被害者役の藤原智之が結構可愛かつた。

§

全話を通して、出来不出来はあつたけれど、それなりに面白かつた。

成田凌刑事のキャラは、もつとコミカルに振り切れてゐた方がよかつたのでは? 妙にシリアスな部分が退屈だつた。

柄本時生検視官は、オネエキャラが全く様になつてゐなかつた。セクシャル・マイノリティーに係るノーマライゼーションを推進するためのキャラだつたのかしらん😁

2020年02月25日 06:36

被害者役が尾崎右宗だとクレジットを視るまで気が付かなかつた。不覚。

尾崎右宗は、何だか歳とともに顔の濃さが減じて来てるやうな気がする。ただでさへ存在感が乏しいのに、濃い顔でなくなつたら尚の事存在感が乏しくなるのでは?

第一被疑者の龍平役が大西利空(少年御子柴先生)だから、大ドンデン返しで「実は龍平が犯人だつた!」といつた展開になるのかと思つてしまつたよ😁

足跡や目撃証言で図らずもアリバイができてしまつたといふのがミステリ的で好かつた。

龍平とグータッチできない雄馬(成田凌)といふギャグは、まあ、微笑ましくはあつた。龍平はグータッチを知らないといふ設定なのだらうか。


2016年11月09日 03:17

面白かつた。

みくり「醸しませう、新婚感!」
平匡「出しませう、親密感!」

恋人の定義の中に「性交をする仲である」といつたことが含まれなくてもいいのだらうか。梅原ナツキ(成田凌)の八の字眉がちよつと可愛い。平匡は、子供の頃からああいふ眼鏡なのだね。

次回、どうせなら、星野源よりも小柳友の入浴シーンが視たい。


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事