永山絢斗

2020年06月07日 04:17

面白かつた。

《永山竜弥も出してあげろよ😁》

「兄弟だからといつて距離を取らずに濃厚接触をしていいのか」といつたやうな指摘があつて、確かにさうだよねと思つた。『Living』はリモートドラマではなく唯の二人劇だ。

現代に生きるネアンデルタール人(#1)とか国境で分断されてゐるらしい近未来日本(#2)とか、少々設定が突拍子もないから、作中作といふオブラートに包んだ構造にしたのだらうか。『今だから、新作ドラマ作ってみました』#2「さよならMyWay!!!」は、死者との交信を描いてゐたけど、作中作の構造でなかつた。我々にとつて、ネアンデルタール人や分断された近未来日本はリアルでないけど、死者の交信はリアルなものだ、といふことなのだらうか。

◆◇◆◇◆◇

#1「ネアンデルタール」広瀬アリス広瀬すず

ネアンデルタールは地名なんだけどね。



#2「国境」永山瑛太永山絢斗

いちやいちやしてゐる永山瑛太永山絢斗があざといんだけど微笑ましかつた。兄がエプロンの紐を結べないから弟が結んでやつて、兄が弟のを結んでやらうとするんだけど矢張結べなくて云々😄

ゴーグルのやうなデカい眼鏡は態となんだらうか。

2016年06月14日 23:49

面白かつた。

いかにも大団円といつた感じで、沁々と感動した。

三蔵山先生のスピーチが素敵だつた。

三蔵山先生の奥さんが拵へお握りを持ち帰つた中田伯に進歩を感じた。

永山絢斗は、かういふ心を病んでるやうなキャラが特に巧い。『恋愛ニート』の時は棒読みだつたのに、変るものだねえ(笑)。


2016年05月24日 23:50

面白かつた。

ムロツヨシアシスタントと永山絢斗新人漫画家の対比が好かつた。サリエリとモーツァルトみたい。
「ムロツヨシアシスタントが自分の心の内を直視した後に奮起して改めて漫画家を目指す」
といふ展開にならず、ムロツヨシアシスタントが漫画家を断念したことに沁々とした。


2016年05月17日 23:08

面白かつた。

ベタな内容だつたけど、演技が好いし、脚本や演出も悪くないから、見入つてしまつた。安田顕編集者の過去のエピソードも破局が近づいてくる気配が好かつた。

次回、サリエリがモーツァルトに嫉妬するみたいに、ムロツヨシアシスタントが永山絢斗新人漫画家に嫉妬して、ドロドロの展開になるのかしらん。安田顕編集者の過去のエピソード以上に視てゐて緊張しさうだ。


2016年05月08日 13:18

それなりに面白かつた。

兄弟だから当然だけれど、永山絢斗は、斜め横顔が特に瑛太と似てゐる。

武蔵は、顔が優しいから、余り暴れん坊といつた感じがしないよなあ(笑)。

渡辺大馬鹿殿が一寸可愛かつた。

供頭添役栗山真吾(くりやま・シンゴ)役の人をどこかで見たやうだと思つたら、中島広稀だつた。少々可愛し(笑)。


2016年05月03日 22:54

面白かつた。

ヤスケン編集者、ムカつく(笑)。

新人漫画家男がネームを考へて新人漫画家女が絵を描くといふことになるのかと思つたら、そんな視聴者が簡単に思付く展開にはならなかつた。

次回、永山絢斗漫画家の活躍(?)がちよつと楽しみだ。


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事