つまらなかつた。とても退屈。

制作会社が替つたし出演者も一部替つたからどんな風になるのかと思つたんだけど、つまらなさは変りなかつた。

犯人が二重に身分を偽つてゐてその伏線がそれなりにあつたのは好かつた。

冒頭の偽十津川を内藤剛志が演じたのはアンフェアだ。

腎臓とか胎児の実の父親とか取つて付けたやうな感じだつた。

殺されたホステスが勤めてたクラブのママがニューハーフみたいだつた(笑)。

IKKOの場面で内藤剛志が半笑いだつたのが微笑ましかつた。

不相変、内藤剛志と池上季実子との場面が肉弾的といふか妙に生々しい。